読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ぅんぶぅ』と『おかあさん』の毎日、ときどき『おとうさん』

2015年に出産した息子との毎日をつづるブログ

スポンサーリンク

パイロットぅんぶぅ

好きなところ 成長 観察

息子は1歳7か月。

大分、物事が分かってきました。

 

ある日のこと、

息子が見上げる先にあったのは「お風呂の給湯スイッチ」

 

近頃、スイッチブームなのです。

「押したい!」「触りたい!」「でも、届かない、、、」

そう思ったであろう息子は、親を使うという事を考えました。

 

「おかあさーん!!!」という雰囲気を醸し出しつつ、呼びに来る。

「なぁに?」と私。(息子は喋れません。雰囲気だけ(笑))

 

「こっち、こっち」と服の裾を引っ張って、スイッチの前に連れていく。

わざとずれると、押したり引いたり微調整。

 

お母さんを操縦(笑)

 

狙い通りの場所に立つと、、、

「だっこ!!!」

 

f:id:kaztomonacchin:20170314224708j:plain

目で訴えます。

 

抱っこするまで、「んーんー!」と言います。

それでも、抱っこしないと泣きます。

 

なので、抱っこ。

にんまり笑顔で、スイッチぽちぽち。

 

機械「ピロリン♪ お風呂の給湯栓を開けてください。」

息子「あーい」

機械「ピロリン♪ お風呂の給湯栓を開けてください。」

息子「あーい」

 

この繰り返し(笑)

喋れないけど大分、分かってきているらしく

機械が喋り終わってから返事をしていたのには驚きました。

 

近頃は、「困ったら親に頼る」というようになってきたので

少しうれしいです。