読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ぅんぶぅ』と『おかあさん』の毎日、ときどき『おとうさん』

2015年に出産した息子との毎日をつづるブログ

スポンサーリンク

さみしい”三輪車”

イヤイヤ期 成長

今日は、とても暖かい1日でしたね。

 

 

 

こんばんは

yururi-momです。

 

近頃、陽気の良い日が多くなってきて

息子を公園へ連れて行こう!と思い立ち

せっかくならば、と”三輪車”で行こうと思い

何度も何度も挑戦しているのですが、、、

 

 

息子、まさかの”三輪車”拒否!!!

 

そうです。

息子は三輪車に乗ってくれないのです。

 

買ったのは、去年の秋ごろ。

アンパンマンの人形が「プクープクー」となるものが付いていて

うしろには親が押して歩くためのハンドルが付いているもの。

 

 

 ありました。

これです。

 

買う時に、もちろん試乗させました。

息子は売り場でごきげんで、1番気に入った”これ(三輪車)”を買うことにしたのです。

 

買ってからもしばらくは乗ってくれていて、真冬は寒いので乗る回数が減り

引っ越しをしてからは、さっぱり乗らなくなりました。

そして、久しぶりのご対面。(とは言え、1か月半くらいぶり)

 

息子、見向きもせず。。。

 

私「え・・・」

息子「(知らんぷり)」

私「三輪車、乗ろうよ!」

息子、違う方へ走っていく。

 

全然、興味ない(笑)

 

無理やり乗せたら、、、

f:id:kaztomonacchin:20170320231723j:plain

超絶拒否!!!

出てきてしまう。

(あんまり騒がしいので、おばあちゃんがお手伝いしてくれました)

 

これ、今日が3回目なのです。

いつも最終的に暴れて、諦めて違う遊びになるのです。

今日も、そのパターン。

 

もう、乗せるのをやめることにしました。

 

きっと息子は、歩くのが好きな時期なのだと思います。

いつか”三輪車”大好きっ子になる日を待とうと思います。

 

激しい格闘の末、残ったのは私のイライラのみ。

誰も得をしない”三輪車”

 

なんだかさみしげ”三輪車”

 

もうすぐ近くの河川敷に桜並木が出来るのに、

そこを息子を三輪車に乗せて花見しながらお散歩するのが夢だったのに、

今年も叶いそうにありません。

 

残念さと、格闘のイライラで少しだけ息子にかわいそうなことをしてしまったけれど

(あれやって!っと言ってきたことをやらない、という応戦。我ながら器の小ささに失望)

それでも最終的に息子の満面の笑みで心わしづかみにされて玉砕しました。

 

こどもって、思い通りに行かなくてイライラするけど

最終的に笑顔の破壊力が半端ないので、許せる不思議な魔力の持ち主なのだ

と改めて実感した出来事でした。